METs(メッツ)の推奨運動強度-年齢別の指標-

スポンサーリンク

代謝当量METs(メッツ)とは?

METsとはMetabolic equivalentsの略で活動・運動を行った際の代謝量を示すときの単位です。

静かに腰掛けた状態の代謝量を1METと設定されています。

活動・運動時の代謝量は複数形でMETsとして表されます。

運動量が増えるにつれて値は大きくなっていきます。

 

METsを用いて消費カロリーである生活活動代謝を計算する事ができます。

詳しくは以下をご参照ください。

生活活動代謝(消費カロリー)の計算-代謝当量METs(メッツ)を用いた方法-
ダイエットの原則は消費カロリー>摂取カロリーです。運動してダイエットしている人も多いと思いますが、運動によりどれくらいカロリーを消費できているかわかっていますか? これくらいの運動をしたらこれくらいのカロリーが消費できるとわか...

 

スポンサーリンク

年齢別の推奨運動強度は?

実際どれくらいの強度で運動したら良いのでしょうか?

厚生労働省による「健康づくりのための身体活動基準」で根拠をもって示されています。

その内容を参考にしながら分かりやすく解説していきます。

 

18-64歳の基準

強度が 3 メッツ以上の身体活動を 23 メッツ・時/週行う。具体的には、歩行又はそれと同等以上の強度の身体活動を毎日 60 分行う。

と示されています。

メッツ・時がなにかわからない人も多いでしょう。

例えば、3メッツの活動を2時間行ったとすると3メッツ×2時間=6メッツ・時となります。

 

この基準の根拠としては30以上の論文の中で3メッツ以上の運動を行うと生活習慣病や生活機能低下のリスクが軽減したと示されてます。

運動することによりダイエットできるだけでなく、健康面でもプラスになるということが科学的にも証明されています。

 

しかし、、、

3メッツというと歩行、屋内の掃除、大工仕事、階段を降りるなどにあたります。

毎日1時間以上の運動を行うのはなかなか難しいですよね。

推奨運動強度に満たない人も多いかもしれません。

いきなり運動の量を増やすよりはすこしずつ増やしていく方が運動を継続するために必要なことかもしれません。

 

65歳以上の基準

強度を問わず、身体活動を 10 メッツ・時/週行う。具体的には、横になったままや座ったままにならなければどんな動きでもよいので、身体活動を毎日 40 分行う。

と示されています。

この基準の根拠としては4つの論文で3メッツ未満も含めた運動を行うと生活習慣病や生活機能低下のリスクが軽減したと示されている点です。

18-64歳の基準と比較して半分程度の運動でも健康面でプラスになるということが証明されています。

 

これに関しては必要な運動量が40分とされているため、散歩や買い物に行くなどの活動をすれば達成することはそこまで難しいことではないです。

 

まとめ

メッツと健康の関係について年齢別の基準を紹介しました。18-64歳の基準は少し高いような気もしますが、それだけ運動しないと健康的なカラダにはならないということかもしれません。これは補足ですが、ダイエットだけではなかなか続かない人でも、自分の健康のためと考えれば運動を継続する動機付けになるかもしれません。

コメント