ダイエットでお腹をへこますには毎日のプレーンヨーグルトが効果的?-食事で気を付けるべきこと-

下腹っ腹が出てしまって悩んでいる人も多いですよね。

脂肪がたまっていてお腹が出てくることもありますが、それ以外にも便秘により出てきてしまうこともあります。

つまり、腸に便をため込んでしまっている結果、下っ腹がポッコリとでてしまうのです。

 

この問題を解決するために重要となってくるのが毎日のプレーンヨーグルトなのです。

今回はプレーンヨーグルトによる下っ腹を凹ます方法や関連する栄養素について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

善玉菌、悪玉菌、日和見菌とは?

善玉菌、悪玉菌、日和見菌とは腸内細菌であり、常に腸の中にある菌です。

この3つの菌の腸内での理想の比率は善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7であると言われています。

まずはこの3つの菌の特徴からとらえていきましょう。

 

善玉菌

善玉菌の代表は、乳酸菌やビフィズス菌です。

名前の通り、良い働きをするものであり、 腸内を酸性にし、病原菌をやっつけたり、免疫力を高めたりします。

また、食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成や感染に対する防御などの役割もあります。

 

悪玉菌

悪玉菌の代表はウェルシュ菌や大腸菌です。

悪玉菌は、カラダに悪い影響を与えるものであり、腸内をアルカリ性にし、腸内での腐敗を促進したり、発がん物質や毒素のある有害物質を作りだします。

 

日和見菌

日和見菌の代表はバクテロイデス、連鎖球菌です。

日和見菌は健康な時はおとなしくしていますが、カラダが弱ったりすると、腸内で悪い働きをします。

また、いわゆる「痩せ菌」は日和見菌に含まれていると言われています。

 

腸内細菌の変化

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7が理想のバランスですが、善玉菌と悪玉菌のバランスは食事や睡眠、ストレスなどの影響を受けて変化します。

そのため、下図のように年齢によって割合も変化していきます。

 

光岡知足著:腸内フローラより改変引用

 

また、日和見菌は善玉菌が多ければ善玉菌に味方し、悪玉菌が多ければ悪玉菌に味方をする性質があります。

日和見菌には「痩せ菌」が含まれているため、善玉菌を増やすことで「痩せ菌」も増え、痩せやすく健康的なカラダに近づけることができます。

また、便秘が解消されポッコリした下っ腹がへこむこともあります。

 

スポンサーリンク

プレーンヨーグルトには善玉菌が多い

便秘の解消によるポッコリした下っ腹の解消には善玉菌が重要です。

この善玉菌を効率よく摂取できるのがプレーンヨーグルトなのです。

 

なぜヨーグルトの中でもプレーンヨーグルトなのか。

その理由は、種類が多いヨーグルトの中でもプレーンヨーグルトが最も善玉菌が豊富に含まれているからです。

例えば、フルーツが入っているヨーグルトでは同じ量でもフルーツの分だけヨーグルトの量が減ることから、その分摂取できる善玉菌の量も減ってしまいます。

 

 

善玉菌を増やす方法

プレーンヨーグルト以外にも善玉菌を増やす方法があるのでいくつか紹介していきます。

 

食物繊維をとる

食物繊維は善玉菌を増やすための栄養素となるため、適量を摂取することで善玉菌を増やすことができます。

食物繊維は野菜や果物、海藻、きのこに豊富に含まれています。 野菜は350g/日、 果物は150g/日程度摂ることが理想的です。

また、食物繊維はカロリーがゼロであるため食べても太ることはありません。

 

オリゴ糖をとる

食物繊維と一緒でオリゴ糖も善玉菌を増やすための栄養素となります。

1日2~10gの摂取が推奨されていますが、人によっては1度に多量に摂取するとお腹が張ったり、ゆるくなることがあるため注意が必要です。

 

動物性のたんぱく質をとりすぎない

動物性のたんぱく質とは肉類のたんぱく質のことを言います。

肉類の脂肪は悪玉菌を増やす原因となってしまいます。

特に脂質が多い肉類は食べ過ぎないように注意が必要です。

 

まとめ

下っ腹がポッコリと出てきてしまうのは脂肪だけでなく、便秘が原因であることもあります。善玉菌が豊富に含まれているプレーンヨーグルトを毎日摂取することで便秘が解消され、下っ腹をへこませることができることもあります。また、その他の栄養バランスも考慮して食事を摂取することでさらに効果が高まります。

コメント