【ザバス】プロテインシェイカーの耐久力について!消耗具合など画像で記載しています。

プロテインを飲むのに欠かせないのはなんといってもプロテインシェイカー。その中でも人気なのがザバスのプロテインシェイカーです。2019.8.12時点におけるアマゾンのカスタマーレビューでは5つ星のうち4.4の高評価となっているほどです。今回は実際にこの商品を3年間使ってみた感想を良かった点、悪かった点を含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

基本情報

まず基本情報をのせておきます。

  • 内容量:500ml / 1個
  • 原材料:【ボトル】原料樹脂: ポリプロピレン / 耐熱温度: 100℃ / 耐冷温度: -10℃
  • 原材料:【キャップ】原料樹脂: ポリエチレン / 耐熱温度: 90℃ / 耐冷温度: -10℃
  • 商品サイズ(幅×奥行×高さ) : 86mm×86mm×155mm

価格はアマゾンや楽天で比較しましたが300円台から600円台とばらつきがあります。スポーツ用品店などの店頭でも置かれていることが多いです。

良かった点

もれにくい

プロテインシェイカーの中でも重要な機能なのがもれにくいということです。シェイクしたときにもれてしまうと大変なことになってしまいますからね。

キャップをしめる時にはカチッと音がなるのでちゃんとしめることができているかどうかが確認しやすいです。

キャップとボトルの接合部分を見てみるとストッパーのような部分があるのでここにはまり込んだ時に音がなっているようです。

目盛りがついていて計量しやすい

写真のように目盛りがついているので分量をはかったりするのに便利です。基本情報としては内容量は500mlとなっていますが、なみなみまでいれると600ml近くまで入るかもしれません。

口コミでは目盛り部分に色がついていなくて見にくいという意見もありましたが、私はそこまで見にくいとは感じませんでした。むしろ、料理などのときに計量カップとして使うのもありだと思います。

また、個人的にはデザインのことを考えると目盛り部分に色をつけるよりも透明にした方がシンプルになるのでいいと思いました。

口が広く、洗いやすい

多い人は1日に何度も使用すると思いますが、使えば使うほど洗う回数が増えていきます。使う回数が多いだけに洗いやすさも重要なポイントになります。

口の狭い水筒などは手が入らずにわざわざ専用のブラシを買わないと洗えないなんてこともありますよね。その点、ザバスのプロテインシェイカーは口が広く、手を奥まで入れることができるため、スポンジなどでも洗うことができます。

口コミではボトル内部からプラスチック繊維のようなものがはがれてくるなどの情報がありますが、スポンジで3年間洗い続けていますがそのようなことは全くありませんでした。気になる人は手洗いにすると良いと思います。

デザインがシンプルで水筒として使うこともできる

この商品はプロテインシェイカーですが、デザインがシンプルであることからお茶などを入れて水筒として使っている人も多いです。男性だけでなく、女性でも親しみやすいデザインになっていますね。実際、私の職場でも3,4人は水筒として使っていてそのほとんどが女性です。

悪かった点

買った当初は何の問題もありませんでしたが、使い続けていくことでいくつか問題点も出てくるようになりました。劣化を含めた悪かった点を紹介していきます。

開けた時にキャップからしたたることがある

シェイクすると当然、キャップ部分にも水分が当たりますが、シェイクした直後にキャップを開けるとキャップのふち部分に水分がたまっていることがあります。それに気づかずにキャップを下に向けるとこぼれてしまいます。

最初のうちはこれで何回か失敗しました。慣れてくるとそこを考えながらキャップを開けるようになるのでこぼしてしまう頻度は少なくなりました。

もともと、シェイクするためのものなのである程度しょうがない部分ではあるかもしれませんね。

半年くらい使うとカチッと音がならなくなる

新品の状態だとキャップを閉めた時にカチッと音がなりますが半年間、週5回前後使っていると音がならなくなりました。キャップの接合部分を見てみるとやや削れてきている部分があったのでこれが原因なのかもしれません。

この状態でキャップを閉めるのが緩くなってしまうと、カバンなどに入れて持ち運んでいる途中で中身がもれてしまっていたことが何回かありました。新品の状態ではもれることはなかったので、これもキャップの接合部分が削れたことが関係しているかもしれません。

使っていく中で閉めた時のカチッという音がならなくなり、緩く閉めてしまっていることに気づかなかったことからもれてしまったのだと思います。その後はきつめに閉めるように意識することで持ち運んでいる途中でもれてしまうということはなくなりました。

キャップの溝部分に汚れがたまりやすい

私は水筒としても使うことが多いですが、毎日仕事でお茶を入れて持って行っているとどうしてもキャップの溝部分に汚れがたまってしまいます。

これに関してはどんな入れ物でも同じだと思いますが、手入れは必要だと思います。

保温機能がない

私は水筒としても使うことが多いですが、夏の暑い時期は水筒に冷たいお茶を入れておきたいですよね。しかし、ザバスのプロテインシェイカーはプラスチック製なので保温機能がありません。

職場や外出先に都合よく冷蔵庫があればいいですが、ない場合は常温のお茶になってしまうのを我慢しなければいけません。

3年間使ってみた総合的な感想

良かった点、悪かった点について紹介しましたが、総合的にはかなり満足しています。少しずつ劣化していっているとは感じていますが、それはどんな商品でも少なからずあることです。3年間使ってもまだ使い続けることができているほどなので耐久性は十分です。

また、本来の使い方であるプロテインシェイカーだけではなく、デザイン性が良いため水筒として使うことができることもいいところです。

まとめ

人気商品である「ザバス プロテインシェイカー」を3年間使ってみた感想について良かった点、悪かった点に分けて紹介しました。使い続けることによる劣化は少なからずありますが、耐久性は数年あると思われます。値段も安いため、2,3個買っておき、目的に合わせて使い分けてもいいかもしれません。

コメント